そもそも「消費者インサイト」とは
何でしょうか?


心の奥底に潜む、自分では気付かない「感情」や「動機」のことです。

街を歩いていたり、買い物をしている時、ある商品やサービスにふと目を奪われることがありませんか?それは単なる「これが欲しい!」という一時的な欲求だけではありません。
実は、私たちの心の奥底(潜在意識)に潜む、自分でも気づいていない感情や動機が、その商品に引き寄せられた原因となっているのです。この深い部分からのメッセージ、その背後に隠れている真の動機こそが「消費者インサイト」と呼ばれるもの。これを理解することで、ブランドや商品、サービスが消費者の心にどう響くか、その秘密を解き明かすことができるのです。

この潜在的な「感情・価値観・行動背景」を発見することが、
消費者インサイトの理解、企業の成長には何よりも重要です。

私たちの日常には、気づかない間に感じている様々な感情があります。幸せ、悲しみ、驚き、嫌悪…。
これらの感情や、その背後に隠れる価値観や信念を探ること、それが消費者インサイトの探求です。

この理解を深めることで、企業は消費者の真のニーズを掴み、より深い関係性を築くヒントを発見することができます。
消費者インサイトを活かした商品や戦略は、単に売上を上げるだけではありません。
ブランドと消費者の間に強い関係性が生み出され、それが企業の長期的な成長や継続的な成功へと繋がり、真の価値となるため、極めて重要な情報なのです。

現代のマーケットはインターネットやSNSが日常に浸透へ浸透したこともあり、消費者のニーズ・価値観が日々変化し、多様化しています。この情報が溢れ変化する時代において企業が市場で成功するためには、消費者の心の動きを的確に捉え、消費者が真に求める価値を的確に提供していくことは不可欠。
早くからこの流れに気づいた企業は、商品開発からマーケティング戦略まで、消費者が真に求めるところを見極めるために消費者インサイトを利用しており、昨今まで成長を遂げています。

だからこそ、消費者インサイトを活用しないのは、非常にもったいないのです。


こんなにも重要な消費者インサイト調査ですが、
これまでは気軽にできませんでした。

従来、消費者インサイトの発見にはアンケートやインタビュー(定性調査)を用いるのが一般的でした。何度も調査を重ねて 消費者の「本音」を隈なく探す。質の良いデータを獲得するために時間と労力、ヒアリングのセンスを必要とする作業でした。さらに消費者側も「建前」での発言が多く、 潜在的な「本音」や「意識」を探ることは難しい場面も多々。本音や意識を直接探る方法として、消費者にコンテンツを視聴させて視線や表情を計測することもできますが、高価な専用機材や大きな会場が必要でとても気軽にはできません。


エモミルリサーチがその全てを解決します。
本音の消費者インサイトが簡単かつ大量に、
手早く発見できるようになりました。

「エモミルリサーチ」は効率的に消費者インサイトのデータを収集・分析・発見・共有ができるリサーチサービス。
動画やWEBサイトを通して商品やサービスを観た消費者の『視線・感情』データ、質の高いアンケート・インタビュー結果をスマホ1つで直接取得。消費者インサイトの深層部に最短距離で近づくことができます。
AIによるデータの自動収集と活用のサポートによって、属人化とアウトプットの画一化を解消できます。


消費者インサイトの「発見」に特化した、
組み合わせ自由な調査機能ラインナップをご用意。

エモミルリサーチでは、AIのサポートのもと、調査・分析の両方で「複数の調査方法を掛け合わせ」、消費者インサイトをとことん深掘りし発見することができます(もちろん1つだけでも可)。

従来消費者インサイトの調査に活用されていたアンケート・インタビューもAIで自動化し、より気軽に実施できるようになりました。


GAでは見えない情報「消費者インサイト」を
今あなたの元へ。

動画やWEBサイトはデジタルな世界に見えますが、画面の向こう側にいるのは血の通ったお客様です。
コンテンツの「分析・改善」のためにGAはもちろん必要ですが、ユーザー心理を知らずに行う改善の効果は低いと私たちは考えます。どんなビジネスでも、正解のヒントは常に消費者ひとり一人にあります。
私たちの提供するエモミルリサーチは、ユーザーの行動と感情、価値観までを丸裸にし、1つのダッシュボードにデータとしてまとめ上げ、企業の皆様に観ていただく分析ツールです

実際に貴社の商品を手にとっていなくても、使ったことがなくても、動画やWEBサイトの視聴やアンケート、インタビューを通じて「観てもらう、向き合ってもらう」ことができます。
そこから「何を発見するのか」、「どう活かして消費者にコミュニケーションをとるか」はあなた次第です
「分析」のGA、「発見」のエモミルリサーチというように、併せてより効果的に活用いただければと思います。


客観的な視点を持つAIが考えるインタビュー調査

「新規事業開発を任された」「既存製品をアップデートしなければ」、企画者やマーケターが事業に真剣に取り組むほど、頭の中には様々な検証仮説が出てきます。しかし、毎日プロダクトに触れていると、どうしても視点が固まり、実施するインタビューも自由度の低い「当たり前」を検証するものになってしまいがちです。当事者の視点を離れ、中立かつ自由に発想できる存在は誰かと考えたとき、それは人ではなく「AI」でした。事業に対してマーケターが予想もしない新たな発見をもたらす為に、Chat Insightは開発されました。

あなたの手で
消費者インサイトのシン発見を

TOP